2011年5月11日水曜日

プラズマ化に必要なエネルギー

どうも、今週から化学の授業でやっとアボガドロ定数やらモル(mol)やらに入ってプラズマ化への条件をやっと掴めたHILENです。 レールガンの加速体として使用するスチールウールをプラズマ化(電離)させるには、1gあたり13kJのエネルギーを必要とします。しかし、これは最低値で、完全に全ての電子を核から引き離す"完全電離プラズマ"の状態にするには約90kJのエネルギーが必要になります。1gで90kJな訳ですから、0.1gなら9kJ、0.01gで0.9kJ(900J)となります。実際装填するスチールウールの量は、0.1gあるかないかの量です。(1gは意外と多いです)なのでいつもより極力減らしてスチールウールを装填すればいけるかもしれません。 あと、言い忘れてましたが、スチールウールは鉄に炭素等を混ぜた鋼なので、実際はイオン化エネルギーが多少左右するでしょう、…とは言っても1%程しか混ざっていないので実際はほとんど変わらないかもしれません。
…今まで独学で研究を続けてきましたが、やっぱり授業を受ける方が理解が早いです(泣)、まあ先々の授業の予習という感じでやったから飲み込みが早かったのかもしれませんが…、好きでやってるわけですし、いっか。

0 件のコメント:

コメントを投稿