2011年7月26日火曜日

穴あけの日

第二の人生を切った卓上ボール盤を使用して穴あけの必要な部品を捌いていきました。

さすがボール盤、今までの2倍以上のスピードでことが進みます。

CIMG0956.jpg

CIMG0960.jpg

レールガン増設用の350mmポリカーボネート、これをつけることで全長が950mmまで延長されます。

いまさらですが増設用をどうやって接続するか決めていません。雑につなぐと接続部分から加速中のプラズマが漏れてしまうので慎重につなぐ必要があります。

コンデンサバンクも組み上げました。

CIMG0965.jpg


……いい眺めだ。




CIMG0970.jpg

我がElectron Expansionのコンデンサファミリー。恐ろしく壮大な眺めです。

各コンデンサーのインピーダンスを最小に抑えるため、全並列接続にします。

つまり、400v-250000μF もはやハイスペックな電気二重層キャパシターです。 エネルギーも20kJとkisaragiさんのオイルコンに匹敵するパワーです。

多段式レールガンの1段目に8kJの青コンデンサを使い、二段目に12kJの黒コンデンサを使用します。

この状態でエネルギー効率が1%に達すると1gのプロジェクタイルを632m/sで打ち出すことができます。
今現在の効率は最低でも0.05%、20kJの投入で140m/sになります。…ここまで来るとエアガン用の弾速計ではスペックオーバーで1%の効率達成の確認ができません。やはりクローニーを購入するしかないでしょうが、コンデンサやサイリスタを買ったおかげで手元のお金では到底買えません、おそらく夏中に正確な数値を求めるのは厳しいでしょう。なんとか他の計測方法を考えねば。

0 件のコメント:

コメントを投稿