2011年9月28日水曜日

いろいろ考えた結果

いろいろ考えた結果、レールガンの投入エネルギーを4.8kJまで落とすことにしました。
400v 15000μFのコンデンサを4つ分、残りは売却してボール盤の購入資金に充てることにしました。

12kJからしてみれば4.8kJは可愛いものかもしれませんが、
それでもエネルギーは十分高い方です。それに一号機とほぼ同じエネルギーなので(一号機は4.9kJ)
限られたエネルギーでどこまで効率化できるか、それが新たな目標です。



4 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS: 07914ac9b2f7a278443076082065f5f5
    ギャップスイッチでのエネルギー損失ってなんとかならないんですかねぇ...?

    返信削除
  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    スイッチの接触部の接地面積を大きく、
    なおかつ高速でスイッチングすれば、ある程度エネルギー損失を減らすことができます。

    返信削除
  3. SECRET: 0
    PASS: d335e7de239b90f90e0f2195cdcb496f
    お久しぶりです。
    4.9kjと言うとraldさんのものとほぼ同じですね。
    高効率化応援してます!

    返信削除
  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    応援ありがとうございます。これからもよろしくです。

    返信削除