2011年11月27日日曜日

レールガン二号機 最終型

レールガン三号機を二段式にした場合、
実際に効率化するのか否かを確認する為

レールガン二号機を二段式プロトとして最終改造を行います。

CIMG1747.jpg

まず二号機に使用していたレールを600mm→500mmに短縮します。(残り100mmを一段目とします)

CIMG1751.jpg

レール(ジュラルミン)の後部、初期加速地点です。
恐ろしく消耗しています。

↓鉄球を置くと、どれほど消耗しているかが分かります。
CIMG1750.jpg

切断中
CIMG1752.jpg
ジュラルミンを切るのは結構疲れました。一つ切るのに1時間ほどかかり、計2時間ほどかかり、 軽い筋トレ並みに腕を使いました

幸いにも損傷は100mm以上に達していなかったため、残りの500mmは綺麗な状態でした。

CIMG1753.jpg


新しく端子用の8mm穴を開けます。一枚目はうまくいったのですが、二枚目では盛大に刃が噛みました。 

CIMG1755.jpg

パイルバンカーよろしく最大速度で思いっきりやってもジュラルミンの粘りが強すぎて再び噛んでしまいました。 やり過ぎるとボール盤にもドリルにもよろしくないので、円柱型の鉄ヤスリで削りおとし、その後に電ドリで穴を整えました。

二段目のみ完成
CIMG1756.jpg

一段目はさっき切り落とした部分をそのまま使用します。

(一段目はスチールウールしか装填しないのでどんなに損傷してても問題なし)

この時点ですでにクタクタなので続きは明日の予定(たぶん)

0 件のコメント:

コメントを投稿