2012年1月28日土曜日

分析

引き続き、レールガンの分析です。

加速度:
今回の出力は2.5J(ここでは2.5Nとみる)で、弾は0.5g
ma=Fより、加速度は5000m/s^2

加速時間:
速度は100m/s、放電痕から判断して加速距離は130mm
1/2vt=mより、加速時間は2.6ms=放電時間

電流:
48Cで、C=A・sより、
≒18kA

18kAは平均的な値だと思います。
パルス時は50kAぐらい出てると思います。1msもないと思いますが。

結構放電速度が速いように感じます。
今のところインダクターのインダクタンスが2mHあって高い気もするのですが、
これより高い方がいいのか低い方がいいのかは謎です。

ISASのレールガンインダクタンスは20μHで低いですが、
レベルが違い過ぎて比較になりません。
レールガンはパルスで加速するようなもんなんでインダクタンスは減らした方がいいと思っている今日この頃。

なにかいい案ありましたらアドバイスください、お願いしますm(_ _)m

8 件のコメント:

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ISASのはあれは確か空芯の降圧トランスたったような、別のかな

    返信削除
  2. SECRET: 1
    PASS: 93ccdb3b28678f25f41428e46d62e8fc
    どうも初めまして。
    ��urenezumiと申します。
    かなりレールガンについて考察されていますね。
    私もF=maの式などを使い、コイルガンに関して、現在研究中です。
    相互リンクしませんか?
    悪い話ではないと思います。どうでしょうか。
    ご連絡お願いします。
    murenezumiあっとまーくgmail.com

    返信削除
  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    パルストランスとか言うパルスを維持するトランスを使ってるみたい位です。
    パルストランスだけは前者で、後者はインダクターを挟んでからパルストランスにつないでいるようです。

    返信削除
  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    リンクするのは全然問題ありませんのでOKです。
    メールアドレスから再度連絡いたします。

    返信削除
  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんばんは。
    レールガンのインダクタンス2[mH]は、チョークコイルでも数100[μH]くらいなので、大きい気がします。 
    インダクタは、コンデンサ(+)⇒インダクタ⇒レール⇒コンデンサ(-)の順に取り付けると、コイルの逆起電力が利用でき、コンデンサに逆電圧が加わらないのでいいかもしれません。 
    コイルの逆起電力は、e[V]=-NΦ[wb]/t[s] [V]で求められます。 

    返信削除
  6. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    起電力については以前からも考えていたのですが、
    wbを求める式がよく分からないので…
    wikiにはwb=V・sとあるのですが電流は一切関係ないのでしょうか?

    返信削除
  7. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    磁束(Φ[wb])を作り出すのは、電流なので関係あります。
    逆起電力の式に e[V]=-L[H] I[A]/t[s] [V]があり、電流が大きく関係してくるのがわかります。
    wikiの式は、[Wb/s]=[V] →[Wb]=[V・s]と式を変形させますが、[V]がわからないと求められないですね。 
    オシロスコープを使えば、波形を見れるので逆起電力がわかるかもしれません。

    返信削除
  8. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    なるほど、調べてみます。

    返信削除