2012年1月20日金曜日

レールガン二号機 ver2.2

レールガン二号機(ver2.2)改造完了しました。

CIMG1891.jpg

本当は昨日終わったのですが、ブログを書く体力がありませんでした。

実はビミョーに完成してなかったり、(出っ張ったアルミを削ってないだけ)
まあ実験には何の支障もないのですが、見栄えが悪いので後でグラインダーで削っときます

さて本題

ES-2ことレールガン二号機も今回で5回目の改修となりました。
フライス盤とボール盤を駆使し、今までで一番高い精度を有しています。

CIMG1894.jpg

「…いいアングルだ。」
口径の最終的な誤差は±0.1mmほどになっています。

CIMG1895.jpg

今回一番こだわった部分です。

従来まで採用していた入力端子をボルトで圧着固定する方法は、どうしてもレールを飛び出させる必要があり、レールガン本体の大型化や、尾栓の密封性能の低下、などといった問題を抱えていました。
そこでレールに直接ネジタップを施し、入力端子をレールガン内部に収め、小型化、そして密封性能の向上を実現させました。

実験日程はまだ決めていませんが、近いうちにやりたいと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿