2013年1月10日木曜日

計測

今日は先日届いたLCRメーターでレールガンに使うコンデンサバンクの容量計測をしてました。 中古品なので表記されている容量とはかなり異なります。(容量抜けの為)

CIMG2741.jpg

最大レンジで10μF単位で表示されるので、限界の精度で測定していきます。
全部測定し、合計した容量がこちら


111200μF (8896J)


……9kJもなかったという衝撃の事実

まあある程度想定していましたがまさかこんなに抜けてるとは…
モノによっては8000μF台の物もありました。

8000μFって大丈夫なんでしょうかね? すごい寿命が近い気がするのですが…

試しに400v 15000μFのコンデンサも全部測ってみると…

112060μF (8964.8J)

こっちも9kJ切ってるじゃねーか

なんで?寒いから?温度特性でもこんなには下がらないはず…
新品で買ったのになぜ… (まさかデッドストック品?)

ポジティブに考えましょう、このエネルギーであそこまで出力できたのですから効率が高かったということになります。 そう思って試しに再計算したら0.01%だけ効率がUP… まあほんの少しでも効率が上がっていたら前に進めてる証拠なので良しとしましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿