2013年5月26日日曜日

406

今日は2回目の実験をしてました。

今回は新型プロジェクタイルを試します。

CIMG3298.jpg

とりあえず勝手にC型プロジェクタイルと命名しておきます。

アーマチャをプロジェクタイル後部に半分入る形で設置、
加速時にアーマチャが外れにくいようにしています。
また、私のレールガンの特徴である小面積レールに対応するため、
横倒しにして接触面を増やし、加速しやすくします、

全体で1.31gですが、プロジェクタイルはたった0.38g
後部の銅が0.93gとなっています。

というわけでさっそく実験です。

2-1.jpg
2-2.jpg
2-3.jpg

※室内から撮影してます。


ターゲットはこうなりました。

CIMG3319.jpg

前ほどひどく裂けてませんが、
ついに反対側に穴が開きました、効率が上がっているのは確かです。


ところで…


CIMG3321.jpg

プロジェクタイルが一発で使い物にならなくなりました。

原因は明らかに銅アーマチャによる重心の後退による姿勢変化です。
効率が上がったのはいいですが、毎回こうなっては困るので、
なにか策を練らないといけませんね。

今回の波形
railgun20130525.png

で初速なんですが、なんと今回も406m/s
前回と同初速です。が、今回のほうが重いので効率はいいです。

とけ残ったアーマチャ含め、質量は0.86g

CIMG3322.jpg

初速から運動エネルギーは、なんと70.8J

コンデンサバンク内に余っていたエネルギーから、
使用したエネルギーは8460J

つまり、エネルギー変換効率は、0.83%

わーお、一気に上がりました。

しかしこの要因は、プロジェクタイルの改良というより、
質量の増加にあります。
(ある程度重いほうが効率は良くなる)

もっと重くすれば効率1%もいけますが、
それには縦長にしないといけないので、
姿勢コントロールが難しくなります…。

それに高初速も両立しないといけないので、
重くすることはあまりしたくないのです。

まあでも技術課題があっていいですね。


というわけで、今回はここまで

0 件のコメント:

コメントを投稿