2013年6月18日火曜日

ちょっとレギュレーション変更

昨日の記事でいろいろと言ってましたが、
やはりレールガンはレールガンで研究を続行します。
が、やはりコスト抑制のために、
すこしレギュレーションの追加と変更をします。

まず、投入エネルギーを10kjから5kJの半分までに制限します。
(コンデンサ、いわゆる電力源はレールガン実験で一番コストがかかるため)

そのかわり、レールガン以外での1次加速をOKということにします。
また、使用可能ケーブルも40sqまで下げることにします。

それと、多段式は、技術課題が結構ありますので、OKという方向に、


ここでレギュレーションを整理すると、

・投入エネルギーは5kJ以下でなければいけない
・レールガンに電(磁石)による磁場供給は禁止とする
・レールガン以外での1次加速はよしとする
・プラズマを使用する場合はレールガン内で生成すること
・使用電圧は1kv以下とする
・使用するケーブルは40sq以下であること

スイッチに関するルールですが、
一時加速がありになるとスイッチが不要になるので、
あっても意味がないのでなしの方向になりました。

もう一度言いますと、これは次のレールガンから適用されます。

以上お知らせの記事でした

0 件のコメント:

コメントを投稿