2013年6月17日月曜日

next

今週中にとあるネタ実験をするつもりだったのですが、
残念ながら荷物が届かなかったために実験ができず…

とりあえず今日は、あるレールガンを作ることに
CIMG3461.jpg

はい、アクリル板にアルミアングルをつけただけの
恐ろしくシンプルなレールガンです。

しかも銃身が密封されておらず、思いっきりオープンになっています。

これは、現在進行中のマスドライバープロジェクトにて、
もしかすると登場するかもしれないレールガン型のマスドライバーの
コンセプトであり、プロトタイプです。

上があいているのは、アーマチャ(ソリッド)と発射体を固定させるため、
ようはカタパルトのような形となっているわけです。

見た目がすごいしょぼく見えますが、意外と精度は良かったりします。

ちなみにレールガンと一緒に移ってるアルミの塊が、
ソリッドアーマチャのコンセプトです


で、もしかするとなんですが、
現在のレールガンとマスドライバーのプロジェクトが、
将来的に統合されるかもしれません

レールガンの実験は楽しいのですが、かなり高初速化してきたものの、
衝突実験に転用するにはさらなる設備の巨大化が必要なので、
なかなか厳しいものがあります。ので、
レールガンのLAVALプロジェクト1stをマスドライバーにシフト
(コイルガン方式の破棄)
してコストを削減する方向に向かうかもしれません。

まだ決まったわけではないですが、そうなる可能性は高いです。
(とりあえず効率1%を達成するまではやめませんが)

とりあえず穴埋め的な記事でした。

0 件のコメント:

コメントを投稿