2014年1月26日日曜日

レールガン三号機 spec3.0

レールガン三号機が完成しましたので、製作過程から記事にしていこうと思います。

CIMG4058.jpg


まずは部品到着の部分から
CIMG3987.jpg
早速仮組みをしたら、銅レールが全部0.5mm程度長いことが判明、
フライスで長さを調節して再び仮組み。
CIMG3988.jpg
長い上に8本に分かれたレールを固定しなければいけないので大変です。

大量のクランプでがっちり固定して穴あけ
CIMG3989.jpg
1mもあるのでバイスだけでは支えきれず、カージャッキでアシストしながらの穴あけ
CIMG3992.jpg
第一、第二レールの両端だけ先に穴あけしてズレがないように先にネジ固定。
CIMG3993.jpg
固定するネジですが、そのまま固定するとボルト部分で上下のレールが電気的に繋がってしまうので
熱収縮チューブでボルトを覆います。
CIMG3982.jpg
↓またやってしまった図
CIMG4004.jpg
すでに前回のトラブルで救助方法を分かっていたのですぐに救助成功

穴あけが全て終わったところで、片方ずつ外してねじ切り。
CIMG4006.jpgCIMG4005.jpg

ネジ切りが終わったところでバリ取り。右の写真は端子になるM5ボルト、
本当は銅ネジを使いたかったのですが、全く綺麗にねじ切りできず…
諦めて普通の鉄ボルトを仕様することにしました。
CIMG4007.jpgCIMG4011.jpg

レールガン下側の通電ボルト、ナットがジュラルミン部分と接しないようになっていますが、
かなりギリギリです。あまり高電圧は扱いたくないですね。
一方、右側は一時加速用のバネストッパー。
CIMG4023.jpgCIMG4021.png

最後にオーグメント用ケーブルを固定するパーツの製作。
前作の2号機で壊れなかったので、今回も木で製作。
CIMG4025.pngCIMG4028.png
15mmずつ切り出し、今回も黒く塗装。

そしてケーブルを取り付けて完成です。
CIMG4063.jpg

レールガンこそ完成しましたが、他の準備がまだなので実験開始はもう少し先になるかなと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿