2019年1月17日木曜日

東京オートサロン 2019 part2

まずフォーミュラ関係から

SF14 レッドブル チーム無限
STR13 トロロッソ・ホンダ

SF19
今年からスーパーフォーミュラで使用されるワンメイクマシン、開発はダラーラが担当。
各フォーミュラシリーズで急速に普及中の頭部保護デバイス「ハロ」
見た目の悪さが不評を買っていますが、ドライバーの安全が第一です
ちなみに現時点でハロはすべて同じものが使われています。(製造元は異なる)
SF19から新たに導入されるウイングライト、F1でも導入されるようです。これまでクラッシャブルストラクチャーの後端にいわゆるリアフォグが付いてましたが、取り付け位置が低いせいで水しぶきの中での視認性が良くなかったのです。その対策として高い位置にあるウイングの翼端板内部にライトを設置することになったわけです。
GEN2 eダムス 日産
フォーミュラeの第二世代ワンメイクマシン、ワンメイク故に空力に捉われない独特なデザインで中々カッコいい。近未来感があるおかげでハロもマッチしてます。現在はパワートレインとインバーターのみ独自開発が許可されています。

ここから日産繋がり
日産 リーフ ニスモ RC
リーフがフルモデルチェンジしたことでリーフRCも第二世代に、前後にモーター2つ搭載で合計出力は240kw(約326馬力)、先代比で2倍以上の出力。さらに4WD化されたことで0-100加速は3.4秒まで短縮されてます。車体はカーボンフル活用で市販車より500kg以上(総重量比)軽い1220kg、面白い車なのでワンメイクレースとかやってほしいですね。

ジューク・パーソナライゼーション・アドベンチャー・コンセプト
何を血迷ったかクローラーを履かせたジューク、まあ嫌いではないですが…

KONDO RACING GT-R
今年からGT300とニュルブルクリンク24時間レースに参戦を表明した近藤レーシング、いずれもGT-R NISMO GT3で戦います。ちなみに展示されていたのは旧バージョン(MY15)の車両です。

残りをまとめて紹介

GT300 エヴォーラMC 2019年仕様
排気が真上を向いてます。昨年のモデルからこうなってました。ディフューザー上のアウトレットも凄い跳ね上げてます。空気をとにかく上に持ち上げてウイング下の流速を稼ぎたい狙い?(いわゆるブロウン ウイング)
インマニが剥き出しでテープで塞いでありますが、整備中に持ってきたんでしょうか?

そして今年のミク号
今年のイラストレーターはアイマスでおなじみの杏仁豆腐さん
見てわかる通りですが、ミク号は今年もAMG GT3で参戦。ちなみにマシンは昨年に続いて同じ車体を使用してます。

今年はチケットが当たってプレス公開日の金曜日に行ってきたんですが、結構賑わってましたね(それでも比較的空いてはいるんですけどね)金曜日のチケットはお高いですが、それなりにゆっくり見られるので買う価値はあるかも

2019年1月13日日曜日

東京オートサロン 2019 part1

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
今年も東京オートサロンに行ってきました。


今年のオートサロンは昨年20年ぶりにモデルチェンジをした新型ジムニーが多く展示されてました、個人的にジムニーイヤーと言ってもいいんじゃないでしょうか。

今回スマホで撮ったんですが、よく確認せずササっと撮ってたので後で確認したらブレまくり… まともに映ってたものだけ載せていきます。
まさしく小さいGクラス

スズキが参考出品したジムニーサバイブとシエラ ピックアップ
公式でこんな車を出すなんてスズキやりますね…
最近発表したスペーシア ギアも中々…、スズキは"分かって"ますね

ジムニーのフレームも置いてありました


90型 ディフェンダー風のリアテール、この古臭い丸型ランプがたまりません。

モンスターなジムニー
もっとモンスターなジムニー

ジムニーも程ほどにしてトヨタブースです。
TS-050 ハイブリッド、昨年のル・マンでトヨタ初優勝を達成したマシンです。
汚れを見れば分かりますが、レプリカではなく本物です。汚れが"落ちないように"コーティングしてあるんだとか。

ヤリス WRC、こちらはレプリカです。18年モデルは巨大なカナードが備えられてます。

印象的なフロントフェンダーのフィン


右がル・マン総合優勝のトロフィー
左がWRC マニュファクチャラーズ タイトルのトロフィーです。

ヤリス WRCに搭載される1.6L 4気筒 直噴ターボ
最高出力は規定で380馬力に制限されています

レクサス LC 2019 NUR24h
今年のニュル24時間を戦うLC、昨年の改良型です。詳細は別記事に書きます。

そして一番の目玉です。

スープラ スーパーGT コンセプト
2020年よりスーパーGTに参戦を開始するスープラのクラス1モデル。これも別記事に書きます。


歴代のスープラ達

GRMNブランドにまさかのダイハツ コペン登場

まだコンセプト段階みたいですが、市販予定だとか

ダイハツ繋がりで言うとこんなものがありました。
ダイハツ P-5(レストア)
1960年代後半のプロトタイプカーとして開発されたダイハツのオリジナルマシン
今では小柄に見えますが、当時としても小柄なマシンだったみたいです。当時の大排気量レーシングカー(トヨタ7とか)を相手に、小さいながらも上位に割って入る健闘ぶりを見せたそうです。この度エンジンが発見されてついに実走できる状態にレストアされました。ちなみにエンジンは1.3Lで当時としては珍しいDOHC 4バルブだそう。

part2 に続きます。

2018年11月1日木曜日

初 レース観戦

書くのがちょっと遅くなってしまいましたが… 初のレース現地観戦です!
WEC 2018/19 スーパーシーズン 第4戦 富士スピードウェイ 6時間レース

半年くらい前からじっくり準備してました。土曜の夜1時に出発し4時半にサーキット到着、5時半のゲートオープンを前に既に長蛇の待機列でした。下調べの甲斐あって良い位置を確保できました。
富士スピードウェイは第3セクター外側の駐車場が芝生サイトになっていてテント設営が可能。レース期間中(土日)は終日ゲートオープンでキャンプが出来ます。ここに止めるほとんどの人がオートキャンプ狙いです。

ジムニーは車中泊仕様に
キャンプ場が併設されてるサーキットはいくつもありますが、コースの真横に止めながらキャンプできるサーキットは中々ありません。

土曜日:予選
この日はひたすらサーキット内を歩き回ってました。
まず1コーナーから
100Rコーナーを内側から、パノラマ撮影してみました。
アドバンコーナー

サーキットスタンド裏のイベント広場には今年のル・マンでついに初総合優勝を飾ったTS-050 8号車…のレプリカです。本物はドイツのTMG本社にあるはずなので
2017年モデルと見比べ、カラーリングを覗けばエアロパーツは全く一緒、少なくとも自分では違いを見つけられませんでした。
外見こそ一緒ですが、2017年からハイブリッドシステムやドライブトレインの信頼性をさらに向上。今年のル・マンではほとんどトラブルを出さずに走り切って快勝しました。

隣にはかつてのグループCカーもありました。レプリカではなく本物、エンジン始動イベントもありました。
TS-010
トヨタ 90C-V

夜は焚火をしようとするも8時になる前からぽつぽつと雨が降り始め本降りに、タープをもってきてなかったので早々に車内へ撤収… 次はタープ持っていきます。

日曜日:決勝
スタートはストレートエンド付近で観戦。ブレーキングポイント手前、全車が最高速で駆け抜けていく場所です。

決勝は動画にまとめました。



レース終了後

初めてにしては結構楽しめたと思います。
しかしレース観戦で最も過酷なのは帰り道、疲労MAXなのでまあ大変です。今回は高速代をケチったんですが、帰りは高速使ったほうがいいですね…。安全運転で家に帰るまでが私たちのレースです。

2018年9月15日土曜日

自作ストレーキの改良

以前に自作したリアストレーキをちょっと改良してみました。

改良前

改良後

ベースの木板に強度不足を感じたのでアルミ板を重ねて補強、肝心のストレーキ板もアルミ板に変更しつつ横幅を拡大。両端を曲げて整流効果の向上を期待してみたり。ついでにデブリガードとしての強度も上がっています。


まあ以前から乗ってても特に体感できる変化はなかったので今回もこれといって変わりはないと思いますが、気持ちの問題ですね。

←ストレーキ自作 part1